ファイナル(最終審査) では、テーマに沿った自作英作文を発表します。

テーマについてはこちら

The Flight of Icarus (Level 4 – 252 words)

English

 Daedalus was a famous Greek inventor. He invented many things for the king, who was a very selfish man.

 One day, the king got angry with him. He put Daedalus and his son, Icarus, in prison. It was in a tower on an isolated island. It would be difficult to escape, even by sea. While Icarus was collecting feathers from seagulls, suddenly his father had an idea.

 “If I made wings with the feathers, we could fly out and escape,” Daedalus said. So, he got some feathers and made some wings. He used wax from melted candles to hold them together.

 He told Icarus, “Son, I made some wings so we can fly up into the sky. But please don’t fly too high near the sun. It will melt the wax and the wings will come apart. Then, you will fall and die.”

 The next day, Daedalus and his son flew out of prison. “How nice it is to fly,” said Icarus. He enjoyed flying faster and higher! He was so happy that he forgot his father’s words.

 Soon, Icarus was flying closer to the sun and became very hot. The wax began to melt and the wings were coming apart! He was too heavy for the weak wings. He fell down into the sea and drowned.

 Daedalus could not save his son. He felt very sad and put Icarus into a grave on a small island. Since that time, people call that island “Icaria” because of the sad story of Icarus.

イカロスの飛行 (レベル4 – 245語)

日本語

 ダイダロスはギリシャの有名な発明家でした。ダイダロスは、とてもわがままな国王のために多くの発明をしました。
 ある時、国王はダイダロスに腹を立て、ダイダロスと息子・イカロスを牢屋に入れてしまいました。牢屋は海路でも逃げるのが難しい、孤島の塔の中にありました。イカロスがカモメの羽を集めているのを見て、父・ダイダロスはあるアイデアを思いつきました。
 「羽で翼を作ったら、この牢屋から逃げ出せるのではないだろうか」
そして、羽を集めて翼を作りました。 羽は溶けたろうそくの蝋を使ってつけました。
 ダイダロスはイカロスに言いました「息子よ、 空へ飛び出せるように翼を作ったぞ。でも、太陽の近くを高く飛び過ぎないようにするのだよ。蝋が溶け、翼がばらばらになって、落ちて死んでしまうからね。」
 翌日、ダイダロスとその息子は牢屋から飛び立ちました。 「飛ぶのはなんて楽しいのだ」と、イカロスは言いました。イカロスはより速く、そしてより高く飛ぶのを楽しんでいました!イカロスは喜びのあまり、父の言葉を忘れてしまいました。
 すぐに、イカロスは太陽に近づき、とても熱くなりました。蝋が溶け始め、翼がバラバラになりました!弱い翼にはイカロスは重すぎました。
 イカロスは海に落ち、溺れて死んでしまいました。
ダイダロスは息子を救うことができませんでした。彼はとても悲しみ、小さな島の墓にイカロスを入れました。イカロスの悲しい物語により、それ以来、人々はその島を「イカリア」と呼ぶようになりました。

★課題文音声CD(価格:2,500円 送料込・税別

課題文音声CDをご希望の方:お申込み からご購入いただけます。

●音声録音内容 レベル1~4の課題文すべて

・単語の発音練習(ポーズ付き)
・ノーマルスピード(ナチュラルスピード)
・スロースピード(やや遅めのスピード)
・ノーマルスピード(ポーズ付き)

テーマ(ファイナル 最終審査)

– What can I do to make the world a better place in the future? –

・上記のテーマで、3分30秒以内になるよう作成ください。
・タイトルは自由です。