ファイナル(最終審査)まで同一課題文を発表・審査します。

A Pioneer Railroad Builder (Level 3 – 194 words)

English

 Many of us ride trains often. We use them to go to school and sometimes take vacations. Train service began in Japan in the late 1800s. Did you know that a British man helped make the first railroads here? His name was Edmund Morel.

 Morel was born in London in 1840. At age 17, he entered King’s College. He was in poor health, but he didn’t give up. Morel went to New Zealand and Australia. He became a road engineer first. Then he went to Malaysia and helped build railroads there.

 In Japan, the Meiji government was planning a railroad, too. Morel became very interested in this project. He took the chance and was hired as chief engineer. His team worked on a line between the port of Yokohama and Shimbashi, Tokyo. He was also chief on another line between Kobe and Osaka.

 Morel’s work was very important, but sadly he became sick with tuberculosis. He worked until he died in 1871 at age 30. The oldest railroad line in Japan opened one year later. Now, there is a bronze plaque at Sakuragicho Station in his honor. Edmund Morel was a pioneer railroad builder.

鉄道建設の先駆者(パイオニア)(レベル3 – 194語)

日本語

 私たちの多くは、よく電車に乗ります。学校に行くときや時には旅行に行くときに電車を利用します。日本では1800年代後半に電車の運行が始まりました。一人のイギリス人男性が日本で最初の鉄道を作ったことを知っていますか。彼の名前はエドムンド・モレルです。

 モレルは 1840 年にロンドンで生まれ、17 歳でキングズカレッジに入学しました。彼は 病弱 でしたが、あきらめませんでした。モレルはニュージーランドとオーストラリアに行きました。彼は最初に道路のエンジニアになりました。それから彼はマレーシアに行き、そこで鉄道建設を手伝いました。

 日本では、明治政府も鉄道を計画していました。モレルはこのプロジェクトに非常に興味を持ちました。彼はチャンスをつかみ、チーフエンジニアとして雇われました。モレルのチームは、横浜港―東京の新橋間の路線に取り組みました。また、神戸―大阪間の別の路線でもチーフを務めました。

 モレルの仕事はとても重要なものでしたが、残念なことに結核にかかってしまいました。モレルは 1871 年に 30 歳で亡くなるまで働きました。日本で最も古い鉄道はモレルの死から 1 年後に開通しました。現在、桜木町駅には、モレルの功績をたたえる銅製の碑があります。エドムンド・モレルが鉄道建設の先駆者だったのです。

★課題文音声CD(価格:2,500円 送料込・税別

課題文音声CDをご希望の方:お申込み からご購入いただけます。

●音声録音内容 レベル1~4の課題文すべて

・単語の発音練習(ポーズ付き)
・ノーマルスピード(ナチュラルスピード)
・スロースピード(やや遅めのスピード)
・ノーマルスピード(ポーズ付き)