History

  • 1977年

    「旺文社LL教室スピーチ・コンテスト」の名称で、学習成果の発表を目的に旺文社LL教室内部イベントとしてスタート

  • 1992年

    規模拡大と共に旺文社LL教室以外の生徒からの参加希望が増加。全国の一般小・中学生向けオープン部門を設立し、「全国ジュニア英語スピーチコンテスト」と名称を改める。(オープン部門2001年度をもって終了)

  • 2010年

    全国7会場の地区大会を再編成し、全国4会場(北海道、東日本、中日本、西日本)のブロック大会へ移行。

  • 2017年

    第40回全国ジュニア英語スピーチコンテスト実施

  • 2018年

    新方式によるコンテストスタート

    アプリ「MyET」システムを活用した審査により、個人部門の小学生・中学生部門一般公募再開
    最終審査は会場審査
    ※加速的にIT化が進みつつある英語の認定試験に対応できるよう開催方式を改定。
    最終審査(セカンド・ステージ審査含む)は英語教育専門家による審査を実施し、総合的な発信力を身につけさせる。
    過去40回に及ぶ審査実績を反映

主催団体概要

名称

一般財団法人 日本ラーニング・ラボラトリー教育センター
(所在地:東京都新宿区横寺町55)
*公益法人制度改革のもと、2011年4月、内閣府より一般財団法人への移行認可を受けております。

事業内容 

(1)ラーニング・ラボラトリーを利用した教育および教育方法に関する調査研究
(2)ラーニング・ラボラトリーを利用した教育に用いられる教材、機材の開発
(3)教育研究の助成
(4)教育指導者の研修
(5)教材の出版および著作の助成
(6)この他この法人の目的を達成するために必要な事業