1|審査基準

1)ファースト・ステージ:アプリ「MyET」による発音審査

基本的な発音、ピッチ、リズム、強勢

2)セカンド・ステージ:英語教育専門家による「動画ファイル」での審査

※ファースト・ステージで養われた基本的な英語力だけでなく、表現力を主に審査
Basic Expression × 1
Dramatic Impression × 3 (*Dramatic Impression取得点の3倍)
Overall Rating × 1

3)ファイナル:英語専門家による会場審査

レベル1~3

Basic Expression × 1
Dramatic Impression × 2
Posture × 3

レベル4

Basic Expression × 1
Dramatic Impression × 2
Speech Organization × 3

2|審査員

セカンドステージは、ファーストステージ通過者のスピーチ(課題文)動画を審査します。

セカンドステージ 審査員

●坂本 ひとみ (東洋学園大学 教授)
●塩澤 正 (中部大学 教授)
●下山 幸成 (東洋学園大学 教授)
●野口 朋香 (愛知学院大学 准教授)
●Howard N. Tarnoff (北海道医療大学 教授)
●David John Taylor (東京大学 講師)
●David Laurence (中部大学 准教授)
●Timothy J. Wright (大妻女子大学 教授)
合計、8名(五十音順、アルファベット順)

3|表彰

★ファイナル出場者の中から各レベルごとに以下の賞が授与されます。


グランプリ
「日本LL教育センター 理事長賞」
トロフィー、賞状、副賞として英語学習奨励金(幼児・小学生:3万円/中学生:5万円) 

優秀賞
「株式会社 旺文社 社長賞」
「公益財団法人 日本英語検定協会 理事長賞」

トロフィー、賞状、副賞として英語学習奨励金(幼児・小学生:1万円/中学生:3万円) 

奨励賞
ファイナル出場者(上記入賞者以外全員) 楯、賞状 、副賞として図書カード(幼児・小学生:3千円/中学生:5千円)

ファイナルに進出できなかったセカンド・ステージ出場者には敢闘賞として賞状、記念品が授与されます。